ごあいさつ

ギャラリー

創作詰将棋
#041_07_2.43
h0640手.gif

 

▲3三銀成 △同 玉  ▲2四角  △同 玉  ▲3五銀  △同 玉

▲1五竜まで7手詰

 

無学を省みず

 

本局で使った詰め上がりを初めて見たのはいつのどの作品だったか。(もちろん?解けずに答えを見た)。えも言われぬぴったり感、浮遊感。以来度々目にしてきたが、おそらく代表作や決定版があるのだろう。

 

無学を省みずに逆算してみたが、自作と誇ることは憚られるほどの恥じらいは持ち合わせている。それでも解後感は悪くないだろう。(2021/05)

#040_13_3.73
h0630手.gif

 

▲3五桂  △1四玉  ▲2五銀  △1三玉  ▲2四銀  △1四玉

▲1五飛  △2四玉  ▲2五飛  △1四玉  ▲2三飛成 △1五玉

▲2五馬まで13手詰

 

富士塚

 

年賀詰の題材を新年の季語に求め、「初富士」(初形「山」)を連作した。初手▲1五桂は△1四玉で逃れ。2手目△同香は▲3三飛以下早い。3手目▲2五銀から▲2四銀の活用が狙い。9手目▲2五飛で詰み形が見える。

 

富士と呼ぶには小さく、せいぜい富士塚だろうか。東京・将棋会館隣の鳩森八幡神社には、都の有形民俗文化財「千駄ヶ谷の富士塚」がある。(2021/01)

#039_15_2.75
#039_15_2.75

 

▲3七馬  △5三玉  ▲5四歩  △6二玉  ▲6三歩  △同 玉

▲6五竜  △5二玉  ▲5三歩成 △同 玉  ▲6四竜  △5二玉

▲5三歩  △5一玉  ▲1五馬まで15手詰

 

初富士(大)

 

2021年の年賀詰・その2(中級者向け)。前局(初富士(小))より一回り大きな富士。私にしてはワイドな図となった。変化がかなりややこしく、例えば4手目△5二玉は▲3二竜△6一玉▲6二歩△7二玉▲8二馬以下同手数で駒が余る。

 

作者は初形と詰め上がりの対比に可笑しみを感じるが、詰キストには不動駒だらけの凡作と映るだろう。(2021/01)

#038_11_3.14
h0610手.gif

 

▲5五桂  △5二玉  ▲4二香成 △同 玉  ▲4三桂成 △5一玉

▲5四竜  △4一玉  ▲5二竜  △3一玉  ▲3二成桂まで11手詰

 

初富士(小)

 

2021年の年賀詰・その1(初級者向け)。題材を季語に求め、歳時記を引いた。独楽や羽子板などは先例があまたとありそう。初富士はめでたさも申し分ない。

 

初手▲5五桂がひらめいた人はすんなりと解けたかもしれない。初手▲5三とも詰みそうに見える。こちらが浮かんだ人はやや手間取っただろうか。以下△同玉▲6五桂に△5二玉や△6二玉で少し足りない。(2021/01)

#037_09_3.12
h0600手.gif

 

▲3三飛  △2四玉  ▲3四飛打 △2五玉  ▲2三飛成 △1六玉

▲1五金  △同 玉  ▲1四飛まで9手詰

 

ウイルス対策

 

コロナ禍の折、「密」ではない「疎」な形を目指した。ウイルス(1七馬)を避けながら、玉を隔離へと導く。7手目▲1五金が決め手。打った駒が動き、まずまずだろう。

 

4手目△1五玉は▲1三飛成以下同手数駒余り。なお2手目△1四玉も▲3四飛打以下作意手順で詰む(変同)。「時事詰将棋」なるジャンルを目指すには、いかんせんスキル不足か。(2020/05)

1 2 3 4 5 6 7 8 9